2016年6月10日 (金)

初四国

四国で所要があったので、
帰りに高知に立ち寄り、DP君(生き物屋放浪記
に遊んでもらいました。
(淡路島までは花博の時にラフレシア見に行ったことあるけど)
人生初四国です。


高知の川というのは何故これほど綺麗なのでしょう。
DP君とこぺんた君と一緒に渓流のイシドジョウを
見に行った際、(あれは何年前だっけ)
高知の川はもっと綺麗と言って我々にどやされましたが(笑)、
ようやくそれが本当だとわかりました。すこぶる綺麗なのです。

P6040117

高知に行くならと駆け込みで買ったTG-4が大活躍しました。

というのもDP君に撮ってもらったからw
今回、私はタモ網だったのですが、
素潜りに完敗しました。
せめて箱メガネ準備すればよかった。
いや、抜群の透明度とDP君の魚を見つける目に
完敗したんだと思います。
追随を許さぬ怒涛の快進撃でした。

P6040134

オオヨシノボリ。宮崎でも上流で見ました。

P6040137

たぶんボウズハゼ

P6040127

アユカケ。
このフォルムってこれまで写真で見ても
うそだぁとなかなか信じられませんでしたが、
ほんとに頭が扁平でした。
ひときわ異彩を放つ鰓蓋にある棘。
サイズ感もあってしみじみ堪能しました。

P6040123

P6040128

ヒラテですね。急流の感じが出ててよいです。

P6040132

アカザ。赤色が映えます。
福岡のように見つけるのに苦労する
ってほどではないようです。


県は伏せまして別な川です。

P6040139

ヒナイシ。おぉようやく見れました。
イシドジョウのようなお姿なのに
模様は全然違います。
先日みたアジメを彷彿とさせます。
これは一緒に見てみたい。

P6040147

生育環境はイシドジョウと似てます。
水がきれいなので、石をはぐって
私も写真を撮りました。

P6040162

P6040167

アマゴもいました。

TG-4よいです。それもこれも
潜ったDP君に撮ってもらったからなのですが、
果たして自力で撮れるかとなると…。
やはり水中写真の道は険しそうです。

このあと高知観光編に続くのですが、
今回は、DP君には大変お世話になりました。
高知よいです。また行きます!

2015年10月21日 (水)

沖縄遠征-やんばる5

番外編です。

Dsc_0145

P1090966

Dsc_0176

Y・M・N・M・K・J !

P1090984

Dsc_0281

オオシマゼミ?よくわかりません。

覚え書きとして。

・レンタカーについて

普通の人なら踏み入れない林道に突っ込むわけですから、
ノンオペレーションチャージを
免責されるオプションの加入は必須でした。
付けると、事前のボディの傷チェックもなく、
返却時にもチェックはありませんでした。
1~2千円の負担でしたが、
運転の攻め方に大きく差が出ました。
特に北方の林道は両側に草が迫る箇所が至る所にあって、
軽でさえ、ボディへの抵触は必至でしたから、
付けて良かったです。

・車中泊について
林道流しメインにするなら、
そんなに身体に負担じゃないかもと
車中泊も視野に入れてましたが、
体感温度が盛夏の沖縄はそれだけで消耗しました。
急遽、やんばる前日に宿を取りました。
そのお陰で2日目はタモ網に注力できました。
それでも疲れは残りましたが、
これは日頃の摂生の問題でしょう。

・林道流しについて
期間中は、降っても夕方にお湿り程度で、
雨は降りませんでした。
気温も2、3度低く、活性を疑ったのですが、
同時期に入った方々は爬虫類を含めて、
色々目撃されたようです。
夜間、アクティブに活動しなかったのと
北方を攻めなかったのが
遭遇しなかった理由でしょう。
昼間の下見なしに突入して、新月の真っ暗闇の中、
行き詰まってバックで延々と戻るってのは
考えたくありませんでした。
昼間のロケーションの時間が
取れなかったので仕方なしです。
来年以降の規制についても、
気になるところです。

・ハブについて
この辺りにハブは出ますか?
と何人も聞きました。
見たことないねぇという人から、
いるよ。長靴はいて、棒でばんばんしなさい。竹は持ってるね?
と教えてくれる人までさまざまでした。
本を読んでも、しばったほうがよいとか、
しばらないほうがよいとか様々で、
総合すると、毒の周りはそれほど早くないから、
落ち着いて行動ということになりそうだけど
やはり出血毒ともなると血清は間に合っても
後遺症のリスクを考えると
怖いことには変わりはありません。

旅行前には藪には入るまいと思ってましたが、
いざ、やんばる入りすると、
普通に農作業している人、
生活している人を目にして、
そこまで怖がらなくてもと
思い直しました。
それも結果良ければというやつには
間違い有りませんが、
行動の制限されるソロの割には、
おかげさまで満喫できました。
楽しかったです。やんばる。
お世話になった方々、
ありがとうございました。

Dsc_0237

Dsc_0274

沖縄遠征-やんばる4

やんばる3日目、最終日です。
前日は1日タモ網振り回したので、
夜はお出掛けなしでした。
暗いうちからチェックアウトの荷造りをして
北方を目指します。

チヌフク林道から入って、宜名真→チイバナ→伊江
と来たところで、タイムアップ。ダムに沿って下ります。
対向車が来たら青ざめるほど狭いですが、
生き物の雰囲気はぐっと迫ってきます。
ゆっくりいろいろ回れば、
いろんな発見がありそうで、少々心残りでしたが、
欲張りに詰めすぎなので仕方ありません(笑)
やんばるを堪能したと言うべきでしょう。

Dsc_0261

Dsc_0266

Dsc_0267

Dsc_0269

Dsc_0276

Dsc_0247

2015年10月20日 (火)

沖縄遠征-やんばる3

湿地帯編です。
今回の沖縄遠征にあたり、
マルバネには大層心惹かれましたが、
メインは水生昆虫でした。

目指すは
・トビイロゲンゴロウ
・コガタノゲンゴロウ
・リュウキュウオオイチモンジシマゲンゴロウ
・ヒメフチトリゲンゴロウ
・オキナワスジゲンゴロウ
・オキナワオオミズスマシ

狙い通りとは行きませんでしたが、
なんとか採取できました。

Dsc_0202

・コガタガムシ

Dsc02482

・ヒメガムシ

P1100022

P1100020

・コガタノゲンゴロウ

Dsc02493

Dsc02499

・トビイロゲンゴロウ(オス)

Dsc02461

・トビイロゲンゴロウ(メス)

Dsc02434

Dsc02435

P1100025

トビイロはクロゲンと誤認してしまいました。
よくよく見ればトビイロ入ってました。嬉しい限りです。

折角のペアなので屋内で飼育してみます。

沖縄遠征-やんばる2

前日は林道をうろうろしましたが、
セミや鳥の鳴き声は耳にするものの、
生物は確認できませんでした。
朝一番にトラップ確認。
うーん、どちらもパッとしません。
とりあえず、甲虫は望めなさそうです。
早々にトラップは撤去することにしました。

シークァーサー果樹園の近くで、
犬の散歩させてる人に聞いてみました。
クワガタ狙いは夏休みが多いとのこと。
それよりそこの川にはエビがいるよ。
夏休みには水遊びで子どもらが集まるし。
それは試してみることにしましょう。
ところでこの辺りはハブいますか?
見たことないねぇ。
多少は安心して胴長姿でタモ網を装備します。

P1090957

クロヨシでよいかな。
横に走る縦線がくっきりでてます。

P1090972

ヒメヌマエビ

Dsc_0180

ミナミテナガエビ

Dsc_0187

ヒラテテナガエビ
玄海側の小河川のようなメンツでした。


エントリしやすい沢がありました。
おたまじゃくしばっかりかと思ってたら、
動くエビがいます。

Dsc_0158

P1090956

採ったときはロケーションから
ヤマトヌマエビとばかり思ってましたが、
よくよく見ると違いました。
教えて頂いたトゲナシヌマエビでよいでしょうか。

山を下りて下流側でも網を入れます。

P1090973

P1090974

P1090976

おぉ、分かるのはせいぜいグッピーくらいです。
いずれも極小でしたが、
見慣れないメンツにわくわくします。

Dsc_0235

ヌマチチブもいました。

Dsc_0218

素性が気になるどじょう。
座して待つことにします。

農家の人とはなしているうちに、

ウナギみたいのがいるよと教えてもらって、
レンコン畑みたいな泥田に入らせてもらいました。

Dsc_0255

Dsc_0256

タウナギでした。
こちらではミミズウオとのこと。
作物の名前は何回聞いても分かりませんでした。
鹿児島弁ならフィーリングで分かりますが、
琉球の言葉はやはり格が違います。

ブログリンク!(更新順)

Powered by Six Apart