« 2012年7月 | メイン | 2012年9月 »

2012年8月の10件の記事

2012年8月26日 (日)

初入国・ピクニカ共和国

間にプールを挟みましたが、続きです。
このとき(プール)も八木山越えしたので、
もし誘えば喜んで行くって言うのは確実でしたが、
さすがに2日と日が開いていなかったので止めました(笑)
それほどお気に入りです。
 
イメージ 1
 
ピクニカ共和国は八木山にあります。
バイパスではなくて、峠のほうです。
息子は車に弱いほうなのですが、
最近はマリオカート絶賛ドはまり中なので、
峠にさしかかるとマリオカートのコースみたいやんと
終始ご機嫌でした。これは助かる。
 
入国手続きで、満を持して
「トンボ観測のブログ見てきたのですが」と告げると
受付の女性はきょとんとしたあとに、
ああと破顔一笑わかってくれました。
特典頂きましたので、その分遊ばせてもらいました。
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
ザリガニ釣りは初めての経験でしたが、ザクザク釣れました。
案の定、ザリガニ外して~と泣きつかれましたが、しらんとほっておいたら
自分でできるようになりました。しめしめです。
 
イメージ 5
 
ニワトリは人に慣れていて、気軽にだっこできました。
カメがよいです。足の裏で通せんぼすると思わぬ反応します。大受けです。
 
イメージ 6
 
合鴨レース。よく訓練されています。
小川がとても綺麗で、水遊びする子どもも多いそうです。
 
イメージ 7
 
バーベキュー席から園内が一望できるので、
よし行ってこいとリリースできます。親に優しいと言えるでしょう。
 
イメージ 8
 
ふれあい系が好きとは思ってましたが、
これほどとは思いませんでした。
どの動物とも万遍なく遊んでもらいました。
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
閉園まで1時間を切ったので、最後にポニーに乗りました。
どのスタッフの方にも非常に丁寧に接してもらいました。
今度はお母さんとも来ようねと大満足でした。

2012年8月24日 (金)

田川市民プール

夏休み最後のイベントです。
昨年がとってもよかったので
今年も行ってきました。
 
車に少々乗りますが、
海の中道は隣でカップルが熱烈でも
逃げ場の無いほどの混みよう…との噂なので、
快適さを求めてくる人の期待は裏切らないことでしょう。
カップルというよりファミリーが大半です。
それはこの遊具からも明らかでしょう。
イメージ 1

スライダーも待ちキューが発生してません。
滑り放題です。写真は果敢なアタックを披露する子ども。
イメージ 2

流れるプールで延々と流された後は、
遊具でこれまた延々と遊んでました。
午前中の植物採集で同定に苦悶していた姿が
うそのようなはじけっぷりです。
帰りはどこぞの川にでも寄れるかなと
思いましたが、さすがに無理でした。
 
すっかり堪能したようだし、
明日からの追い込みも期待してよいかな!?

2012年8月23日 (木)

ピクニカ共和国へ

夏休みの懸案だった映画に行きました。
息子・嫁さんペアはポケモン。
娘はポケモンは卒業したらしく、
違う映画がよいとのたまうので
私がチョイスしました。
 
「桐島、部活やめるってよ」
http://kirishima-movie.com/index.html
 
先客は1人しかおらず、総勢3人で快適な空間でした。
感想を聞くと、「グロかった」
うん、そういう面はあったね。
でもあと数年したらあなたも高校生だけど、
高校生ってあんな感じだよ。って言うと驚いた様子でした。
願わくはどんな部活でもよいから、
ハマれる部活に出会って欲しいものです
ちなみに私はずーっと吹奏楽部でした。エルザよかったです。
ってそんな感想でいいかな。
 
とまれ午前中はそれで午後からお邪魔しました。
ピクニカ共和国。
 
…とまあ、八木山峠にもたどり着いてもいないわけですが、
本日は閉店してしまったので続く。

2012年8月21日 (火)

夏休みもそろそろおしまい

去年は淡水魚の記録をしましたが、
今年は植物採集(娘)と昆虫採集(息子)です。
まだ終わってません。がっつり手伝うことになりそうです(笑)。
 
夏休みのはじめにキャンプに行きました。
運良く前日に良いサイズのウナギが手に入ったので、
炭火で焼きました。一時間ほどかな。
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 15
 
イメージ 16
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
パリパリの堅めに仕上がってしまったんだけど、
それなりに好評でしたよ。
 
シュノーケルデビューした娘が
ヤマメを撮ってくれました。
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
まだ梅雨が明けてなかったので
肌寒いほどでした。
 
イメージ 8
そうなのです。川の水量も多くて注意が必要でした。
写真は対岸にクヌギの木が見えるんだけど、
渡るのも命がけだなと悟り、やめたときのもの。

 
イメージ 9
 
イメージ 10
夜には即席で灯火トラップらしきものをして、
運良くミヤマもゲットできました。

 
イメージ 13
来年も来ようねと喜んでくれましたが、
次は2泊3日で違うキャンプ場に行くのもいいかもと企ててます。
 
おまけ
イメージ 11
おでんでんででん
 
イメージ 14
 
イメージ 12
甘味処も堪能しました!
 

2012年8月20日 (月)

淡水魚偏向の韓国メモ

需要があるかは甚だ不明ですが、
もはや覚え書きと言ってもよいでしょう。メモとします。
 
・旅行社
個人手配も考えましたが、仁川国際空港からの移動距離が半端じゃないです。
不安に思うことを考えれば、飛行機+ホテル付きのツアーにして
送迎してもらうのが良さげです。あまり総額も変わらないし。
免税店に立ち寄らなければさらによし。
ソウルはHISだろうがJTBだろうがあまり変わりませんでした。
 
・情報
コネストとソウルナビが有名のようです。
口コミが盛んなのは前者だったのでそちらを利用しました。
コネスト:http://www.konest.com/
 
・オプショナルツアー
旅行社ではなくコネストのツアーを申し込みました。
申しこむと、予約確認のメールが返ってきて、
あとは当日ホテルでピックアップ、精算も当日でした。
融通も聞いてもらいました。よかったです。
 
・レート
安いです。十年ほど前に行ったときはウォン換算は100円→1000ウォンでしたが、
今回では、100円 = 1452.47ウォン(8月17日付換算)になってました。
ビールが安くて困りました。ビールのペットボトル(1.6リッター)が
コンビニで5300ウォンでした。400円弱です。
ついでに言えば、横のマッコリは1300ウォン=90円です。恐ろしすぎます。
イメージ 1
 
・ケータイ
旅行先で連絡を取り合うために必要でした。
日本からのケータイもローミングなんたら機能があれば使えますが、
日本への通話料はもちろんのこと、日本からの着信した場合も着信料が発生します。
ソウル内で嫁さんと連絡を取り合う場合は、日本を経由するため両方かかる
と(ソフトバンクから)説明を受けたので、レンタルすることにしました。
3台借りて、4日間で3000円弱(通話料込み・notスマホ)で済みました。
http://www.konest.com/contents/basic_info_detail.html?id=993

・東大門市場のペットショップ通り
http://www.konest.com/contents/shop_mise_detail.html?id=4468
 淡水魚屋に行きました。
 
・COEXアクアリウム(水族館)
http://www.konest.com/contents/spot_mise_detail.html?id=498
 行きませんでした。
 
・永豊文庫(ヨンプンムンゴ)
http://www.konest.com/contents/shop_mise_detail.html?id=1250
淡水魚本を買ったお店。ひたすら本がいっぱいです。
地下二階は文具も売っています。
 
・教保文庫(キョボムンゴ)
http://www.konest.com/contents/shop_mise_detail.html?id=885
永豊文庫で目的を果たしたために行きませんでした。
 
・検疫
http://www.maff.go.jp/aqs/topix/fishinfo.html
韓国側の手続きもあるしハードル高いです。
 

2012年8月19日 (日)

淡水魚本@韓国

二世代家族旅行だったので、
各方面とのスケジュール調整は発生しましたが、
時間を捻出して大きな本屋にも行けました。
ならば探さそうではありませんか。淡水魚本を。
 
その割には、事前にハングルでメモを
準備していたわけでもなくて、店員さんに聞くのみです。
 
インフォメーションセンターでfish,river fishと繰り返すと、
納得顔でBで店員に見せろとメモを書いてくれました。
これは期待できるかも。にしても韓国の本は
表紙はハングル文字のみでちっとも内容が予測できません。
この辺りだよと指されたエリアを見てみると、
なんとしたことでしょう。釣り本コーナーでした。
も一度もどって、「違います。many kind of picture」と繰り返すと、
どこかに電話したあと、ココで待てと言われました。
そして出会えたのです。鮮やかな婚姻色の映えるオイカワが美しいです。
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
日本でもおなじみの風体でありながら、
なんだか違うと思わせる違和感があるところが興味深いです。
思わず「おお」と喜びの声を上げました。
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
19500ウォンは日本円で1500円程度です。
私にとって一番の韓国土産が買えました。
 
※追記
http://hot-korea.com/tool/translation/result.php#aid-resultでタイトルを訳してみました。
우리민물고기 → 私たちの淡水魚
 

2012年8月18日 (土)

韓国行ってきました

今月初旬の話です。緯度の高さに期待しましたが、
ソウルも猛暑であることに変わりはありませんでした。
日本大使館前の警官の警備がやけに厳重だなと
怪訝に思っていましたが、あれよあれよと言う間に
残念なことになってしまっています。
それはさておき、ここはお魚ブログなので。
 
予告通り?、東大門市場近くの
ペットショップ通りに行けました。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
小鳥やら熱帯魚、金魚の店に押されるように
ブロックの角にその店はありました。
イメージ 15
 
イメージ 16
おぉカワムツじゃん。
店主は日本語はもちろん、ブロークンな英語も通じませんでしたが、
私が喜んでいることは分かってもらえたようで、
じっくり観察させてもらいました。
そうです。購入しようにも日本には持ち込めないのですから、
眺めるほかはありません。写真の許可ももらいました。

 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
イメージ 6
 
イメージ 7
オヤニラミやタナゴらしき姿も見えます。
雷魚はこちらでは国内種になるそうですね。
 
イメージ 8
 
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
お好きな方にはたまらないと思われる水生昆虫もいました。
標本にすれば持ち帰れるかもなので、どうしよとちょっと考えてしまいました。
 
イメージ 11
 
イメージ 12
店内には、淡水魚関係のポスターもありました。
これは心惹かれますが、とても予備があるようには見えません。
そうです。ここはお店で私はお客にもなれてないわけなので、
心残りながらも早々に退出しました。
とはいえ、(COEXの水族館には行かなかったので)
ココで韓国の淡水魚を見れてうれしかったです。
 
イメージ 13
 
イメージ 14
 

2012年8月16日 (木)

隣県遠征3

もう1箇所行きました。
イメージ 1
 
一番多いのは小さめのフナ。
同じくらいに多いのがザリガニ。
網の入れ方の問題かもですが、
あとは少数派でした。
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 タイムリミットも迫ってきたのですが、
 猛暑でドロドロのまま嫁さんの実家に行くわけにも行かず、
 途中でぽかぽか温泉に寄って行きました。
 日焼けが痛々しいのですが、そこは勘弁してもらいましょう。
 
 広大すぎて、雲をつかむような遠征でしたが、
 またチャレンジしてみたいものです。川を下る時期くらいにでも。

隣県遠征2

胴長使うのは一ヶ月ぶりくらいかな。
最近は虫ばかりだったので、久々に使うと、
片方の足がたっぷんたっぷんに
なってしまい泣けてきました。嗚呼。
 
イメージ 1
観光らしきことをしたり、
川を眺めては、なんだかよさそうだけど、
ここまでに堰なかったか確認してないなぁとか
なんだか水量多いなと二の足踏みまくり。
イメージ 2
ヤマノカミ探索は網を入れるポイントすら
決められませんでした。残念。
 
ソレ目的でなければ、
時間をかけてみたいポイントも多かったです。
 
イメージ 5
面白そうです。
 
イメージ 3
こういうところがあちこちにありました。
 
イメージ 4
河口近くの見事な自然護岸です。
こんなとこどうやって攻めればいいんだろw
 
もうちょっと続きます。

隣県遠征

嫁さんの帰省先に合流するのですが、夕方に着けばよくて、
となると日中は好きなことができますよ。
というわけで、満を持して遠征してきました。
狙うは、ドジョウの類と恐れ多くもヤマノカミです。
立ち寄ったコンビニで聞くと、一ヶ月前の大雨でこのあたりも
被害があったそうです。どーんと土砂が流れたわけなので
遡上中の個体を狙うのは大変かな。
 
イメージ 1
まずはこのあたりで。
 
 
イメージ 2
 
イメージ 5
おぉ会えました。結構大きめです。
後半は雑になりましたが、とりあえず横と上を押さえてました。
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
イメージ 14
 
イメージ 15
 
イメージ 16
 
イメージ 17
 
イメージ 18
 
イメージ 19
 
イメージ 20
 
イメージ 3
 
ザリガニが多かったせいか、痛んでいる個体も多かったです。
おまけで。このあたりは違うよなと思いつつも、
どんこだと分かっていながらも、
ついつい念入りに確認してしまいます。
どうみてもドンコとモツゴです。
イメージ 4
 
続きます。
 

ブログリンク!(更新順)

Powered by Six Apart