« ブログ引っ越し | メイン | 干潟とアリシマ »

2012年10月21日 (日)

ヤマノカミは夜、海に下る

午前1時半、深夜だというのに私は車を走らせていました。
近づいていた台風も南に逸れ、前日までの風も嘘のように静かです。
kazeさんとの待ち合わせです。
車中では日淡話が弾みました。

夜の川は初めてです。
まだ降海は見られるでしょうか。
2週間前に数多く目撃されているので
まだ続いているかもと期待をつなぎます。

明かりを照らしているkazeさんに呼ばれましたよ。
やや大きめの個体、ヤマノカミです。

Dsc08248_r_8

じっとしていて、LEDの強い明かりにも
動くそぶりはありません。
水中からも撮ろうとしましたが、
数枚撮ってもピントが合いませんでした(泣)。

Dsc08251_r_6

タモ網で確保しようとするも、
周りの石で思うようにいきません。
なんと手づかみでいけました。
ザラッとした表皮は、
そっと掴んでも筋肉が動く様子はなく、
深い眠りであろうことが想像できました。
この感触は忘れることはないでしょう。

スタートダッシュこそ良かったものの、
あまり後は続きませんでした。
私に至っては、発見できず!
個体数が少なかったにしてもふがいなしです。

この日、確認できたのは、

P1050313_r_5
ミミズハゼ

P1050302_r_4
カジカ回遊型

あとはチチブたくさん(画像なし)
カジカは、シルエットでヤマノカミと判断したわりには、
違和感があって、指摘されるまで気付きませんでした。
福岡では絶滅の回遊型です。
普段は上流域で陸封型を見ているので、
事前にカジカの話を聞いていたというのに
眼中にありませんでした。
よくよくみるとなるほどカジカです。

暗い中での撮影は苦労しました。

P1050291_r_4
ヤマノカミその1

P1050305_r_11
ヤマノカミその2

P1050312_r_5
上から

P1050306_r_4
上から明かりを当てた写真。
質感がよく出ています。

予め、我が家に神殿を用意していたので、
「ひとり」のカミ殿に来てもらうことにしました。
がんばってお世話します。
あっ嫁さんに水槽が増えることを言ってないや(焦)。

付記:今気づきましたが、奥にもそれらしいのがいますね(爆)
Dsc08251_r_7

コメント

○シ○○と言うかkazeです←まだ言うか!
お疲れ様でした。

カミ殿撮影時にいきなりカメラが水中に入り
やっちゃった~なんてびっくりでしたが、
防水だったとは・・・・(汗)
最後の背後に写るのはカジカの様ですね。
これはかなり貴重な画像で、この日一番の
収穫かもしれません。
私は帰って速攻で靴洗いして証拠隠滅・・・

kazeさんお疲れ様でした。
綺麗な河川限定で嫁さんから借りたものの、
光量が少ないとあんなに苦戦するとは思いませんでした。
心残りでしたが、ちゃんと確保できてよかったです(^^)
たしかにぼんやりとした曲線がカジカのようですね。
ともかくも貴重な体験ありがとうございました!

神様にお会いできたようですね

今回は仕事の都合でご一緒できませんでしたが
そのうち同行しましょう

深夜の探索は面白くて、感動しました。自力で見つけられなかったのが残念でした(^^)。お会いする機会を楽しみにしています。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ブログリンク!(更新順)

Powered by Six Apart