« ヤゴまとめ(10月分その2) | メイン | おかしな鯉 »

2012年10月31日 (水)

魚類調査を見学後

前回の続きです。

目星を付けていたポイントへ。
なにやら雰囲気がよいのです。

いました。ヤマトシマドジョウです。

P1050471
メスです。

P1050485
オスです。ガサガサで半分、砂中に半分くらいの比率でした。

P1050479_r
他には、カマツカ。

Dsc04255_r
ドジョウも。これは珍しい。

Dsc04264_r
当歳も含め、何匹か確認できました。良い環境です。

P1050505_r
あとはタカハヤとか。
これはもう少し上流というイメージがあるので意外でした。

ひとしきり網は振るって気が済んだので、今度は上流へ。
砂床が良い感じの小河川です。

Dsc04307_r
カジカがいました。
最近、ヤマノカミづいているので、
網に入ったときはドキッとしましたが、やはりカジカでした(笑)
他にはタカハヤとカワムツ、ドンコ。
学校帰りの小学生に「そこにはタカハヤがいますよ」と
大声で教えてもらいました(^^)。よく知ってるなぁ。
他の小学生も、あそこにはスナヤツメがいるよと言ってたし、
ここいらの子どもらはやたら詳しいです。
でもおじさんには「アブラハヤね」と言われてしまいました。
うーん似てるけど分布域から外れてます。指摘できませんでした(汗)

夕方になったので、帰ろうかと思いつつも、
最初に戻って、魚類調査していたポイントの川上側を。

散歩をしていた人から、
「春に藻刈りをしたから、あまり魚はいないよ」と教えてもらいました。
確かに隠れる場所はありませんでしたが、
めぼしい方には会えました。

Dsc04331_r
アリアケギバチです。

Dsc04346_r
オヤニラミ

Dsc04355_r
ムギツク

Dsc04359
ヤマトシマドジョウ・メスです。

ここでもバケツを見に来た高校生から、
ギバチとオヤニラミですねと声をかけられました。
川に親しむ土地柄なのでしょう。
しっかり根付いていて素晴らしいです。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ブログリンク!(更新順)

Powered by Six Apart