« 住民運動で大規模養豚場建設を阻止 | メイン | 初売り »

2013年1月 5日 (土)

2013

北部九州は、雪で高速も止まったようですが、
一昨年のように、全面通行止めは食らわずに済みました。
お陰で3日間ほど鹿児島に帰省して、
温泉に行き倒してました。
軟弱なことに川には行ってません!

P1050882_r

・しゅじゅどん温泉
共同浴場です。ビジターは200円です。
休みは月に2日(1日?15日?)ほどあったような気もしますが、
今となっては問い合わせ先もないので分かりません。
ネットで調べると電話番号が記されていますが、
管理が代わり、今は電話はありません。
地元の人々の社交場です。「鹿児島(かごんま)弁は
島津藩が幕府の隠密対策のために作った人工方言である」
とまことしやかに俗説が流れるほどの、この地の方言の破壊力を
是非体験して下さい。1フレーズすら聞き取れないでしょう。

いやお勧めは方言ではなくて、温泉そのものです。
源泉特有のぬるっとして柔らかいお湯が、
じんわり体を包み込みます。ややぬるめです。
鹿児島観光の締めには最適と言えましょう。

蛇足を承知で付け足すと、しゅじゅどんとは、
全国区では一休さん、九州では吉四六さんに相当する
とんち者で、徳田太兵衛のこと。
楽しい逸話が沢山あります。

P1050929_r

おみくじを引きました。
大吉にも色々あるなぁと眺めていると、
めざとい嫁さんから、水難に注意ってあるよと
指摘されました(笑)。
おぉ、これは気をつけて励めという啓示でしょう。

今年も(人一倍)無理をせず、色んな川に通えたらと思います。
どうぞよろしくお願いします。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ブログリンク!(更新順)

Powered by Six Apart