« 大淀川学習館(中編) | メイン | 鹿児島も »

2013年2月12日 (火)

大淀川学習館(後編)

P1060297

P1060329
ドジョウの類の水槽はこれのみでした。

P1060386_r
トウヨシノボリ

P1060377_r
ヌマエビ

P1060392

至る所に、この魚のイラストがあったのですが、
なんでブラックバスがシンボルキャラクターなんだろと
不思議に思ってました。アカメだったんだ。

P1060356_r

ホットなニュースであるオオヨドシマドジョウの切り抜きがありました。
次来たときには、生体も是非見たいです(切望)。
ここでの展示こそ相応しい魚だと思うので。

見所いっぱいの展示でした。
無料というのも敷居が低くてよいです。
また来ます。博物館も次の機会としました。

P1060405

帰りに天門でリベンジも果たせました。
ここすごいです。注文したら、
目の前で麺を打ってくれました。
とても真剣に麺を茹でます。
手打ちのラーメンを食べたのは初めてだったのですが、
すこぶるおいしく頂きました。こちらもまた来ます!
次に宮崎に来るときの楽しみが増えました。

コメント

いい旅して来られましたね!
ドジョウやナマズがガリガリなのが痛いですが(汗)
禁止物は寂しい限りですね。もともと多くは
なかったんではないでしょうか?(根拠なし)
こういう類の生物や植物がいる所でたまたま
網に入った場合、どんな気持ちになるのか・・・
罪悪感を感じる事自体おかしな話だと思います。
タナゴ類もそうですが、なんで売買が許されて
いるのか私の頭の中では理解できません(笑

時間は限られてましたが、楽しい遠出でした。
釣り方面のサイトを見ると、
シーバスのつもりで釣れたと言えばいいなんてのが
散見されて、ここまで考え方が違うのかと驚きます。
最近ようやくカワムツ先生の本を読みましたが、
規制では増えない、生育環境こそが大事というのは
まさに本当だと思います。何年も前の指摘なんですけどねぇ。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ブログリンク!(更新順)

Powered by Six Apart