« 封入標本(できあがり編) | メイン | 久方ぶりに弘の夕市へ »

2013年9月13日 (金)

ゾウムシの世界@九大博物館

夏休みの終盤にぽっかり予定が空いたので、
下の子にどっか行く?と聞けば、
かしいかえんに行きたいというので、
九大博物館にゾウムシを見に行くことにしました。
なら聞くなよという話でもありますが、
虫なのでオッケーのようです。
えぇーと言いながらも付いてきてくれました。

ゾウムシは世界で最大規模の品種を誇る
グループを形成していて、日本でも 1,000種以上いるそうです。
カブトムシと同じ甲虫の仲間ですが、
害虫としても有名かもしれません。

Dsc07735
それはもう様々なゾウムシがいました。

Dsc07723

Dsc07725

どのような必然性があって、このような
キラキラ文様になったか興味がわきます。

Dsc07726
陶芸家の方の作品も展示されてました。

Dsc07720 
どことなく鳥山明っぽくてよいです。←感想のつもり

P1020311

P1020295 
博物館に来たからには、もちろん水槽も押さえます。

P1020299 
今回気になったのはトゲナベブタムシ。
展示は以前からですが、来る度に気になる対象が変わるってのも
面白いものです。

Dsc07757 
頂いたクラフトを喜んで作ってました。

「ゾウムシの世界」展は夏休みいっぱいでしたが、
期間を延長して10月18日まであります。
土日は基本的にお休みになるようですので、
お出かけの際にはご確認のほどを。

P1020290 
--
九州大学総合研究博物館
http://www.museum.kyushu-u.ac.jp/

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ブログリンク!(更新順)

Powered by Six Apart