« 2014年3月 | メイン | 2014年5月 »

2014年4月の6件の記事

2014年4月28日 (月)

「響灘ビオトープの水辺の生きもの」

P1050501

今年早々に入手していたのですが、
今更ながらの紹介です。
響灘ビオトープ開園1周年記念誌です。

大微小種展のおさらいに、
大きめの水生昆虫を加え、
そして、トンボも数多く掲載と
かねてから願ってやまなかった
コラボになっています。

そうです。
私にとってはトンボ類の充実が良いでした。
トンボは調べてみると種類が多くて、
迷うことも多々あるのですが、
県内の分布についても言及あるので、
絞り込みに大いに役立ちます。

他には、ビオトープの成り立ちや
その豊かな生態系、
これまでの取り組みなど
読み物がたくさんです。

昨年夏に響灘ビオトープで行われた
イベントの集合写真もありました。
嗚呼、行っておけば載れたのに。
--
北九州の生き物の楽園「響灘ビオトープ」

2014年4月25日 (金)

魚部の危機

Byobu2_r

顧問の井上先生が異動となって1年経った
魚部がピンチとの報道がありました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140425-00000010-mai-soci
念のため
http://mainichi.jp/select/news/20140425k0000m040165000c.html

市といい県といい、
どうしてこうもお役所仕事なんでしょうね。
何がしたいんだろうかと甚だ疑問です。

昨年の大微小種展@いのちのたび博物館にて
部員の方の苦労を聞きましたが、
未だ好転しない現状を残念に思います。

2014年4月16日 (水)

負けまくり

タナゴ方面は一応目処がついたってことで
今日は、もう一つの気になる方へ。

・シロウオ
今日も会えませんでした。
地元の人と話したけど、
もう終わったとかまだ早いとか
惑わされますw

P1050380


P1050390


P1050395


・エビ
両方とも撃沈しました。
kazeさんのマル秘ポイント「楽園」を
目指してみましたが、
道半ばであえなくギブアップ。
ここまでハードル高いとは
思わなかったですw

P1050405


・○○○
これも会えたらいいなぁ。
時期とかあるのかしら。

P1050416


・干潮に合わせて
ヨウジウオがみれたないいなぁと。

P1050425


P1050432


P1050434


P1050439


P1050452


P1050459


P1050475


最後の方は疲労困憊でしたが、
なおかつお目当ては惨敗しましたが、
色々見れて楽しかったです。

2014年4月11日 (金)

リトライ

前回のエントリは月曜日の話だったのですが
(私はこのような叙述トリック?をよくします)
明日から雨が降るというので、
今のうちにと見に行くことにしました。

去年の撮影ポイントへ。
水位がだいぶ下がってますが、
透明度はまずまずです。
穏やかな流れになっているところで、
ようやくまとめて確認できました。

P10501221

P1050130

雄は婚姻色が、雌は産卵管が出ています。
一匹はバラのようですが、
残念ながら深紅のバラには会えませんでした。

他には

P1050133


コンディションさえ整えば、
なんとかなりそうです。

最後に訪れたところで、
思わず目を見張りました。

P1050185

ヤリの婚姻色って紫がギラギラで凄いです。 よいもの見ました。

2014年4月10日 (木)

下見

kenyuさんから今年も来ますよメール頂いたので
遅ればせながら今年のタナゴの顔を見に行きました。

昨年の来訪は5月下旬でしたが、
もう少し早ければ産卵シーンを
二枚貝に絡めて撮れるのでは
という目論見です。

ただそれには
沸く前のタナゴを押さえるという
重要な問題があります。
私はこの時期見たことないのです。

とりあえず以前の定点観測地で
婚姻色を押さえようとしましたが、
なんと手にすることはできませんでしたw
熱心に水路をのぞく私に
「たなご?」と声掛けてくれた
ヘラ釣り師は「今年は厳しいみたいだよ」
と教えてくれました。
この日は透明度もいまいちだったのですが、
それは数日前の雨の影響のようです。

昨年の撮影ポイントは水草掃除をしたらしく、
お魚はさっぱりでツチフキ一匹でした。
貝はたくさんあったので、
戻ってくれることを期待したいところです。

P1050055

P1050061

ヤリ水路でようやく、ヤリ成魚と稚魚。
そしてカゼトゲ。
ヤリはほんのりですが、
カゼトゲはバリバリ婚姻色出てます。

P1050027


P1050019


ついでにフナも。

P1050008

今回はヒラウチすら確認できませんでしたが、
出会えれば、満足する可憐さです。
もう少し回ってみることにしましょう。

2014年4月 7日 (月)

まてほり

新学期となりました。
春休みのまてほりをアップしましょう。

いつものように干潮の2時間前に現地入り。
潮だまりでちょこちょことあそんでいるうちに、
1時間前となってので、マテ体制に。
これでいいやと塩を手にしたのは
よかったんだけど、1袋じゃ
足りませんでした。全く。
2キロはいるね。

Dsc00244

でもまあみっちり遊べたのでよかったです。

お約束のまて以外。

Dsc00170


Dsc00172


Dsc00176


Dsc00182


Dsc00193


Dsc00197


Dsc00210


Dsc00214


Dsc00219


Dsc00222


Dsc00233


Dsc00236


Dsc00239


豊かな生態系ってやつを体験しました。
素晴らしいです。

ブログリンク!(更新順)

Powered by Six Apart