« 2014年4月 | メイン | 2014年6月 »

2014年5月の6件の記事

2014年5月25日 (日)

遠征番外編

番外編の生き物です。

ヤクヤモリ

P1050600

めぼしい山を見つけては、
どんどん分け入って上っていく
こべんた君がこれじゃないんだけどなぁと

P1050614


ヒラタ、早すぎです。

これはなにやら不気味ですよ。

P1050604


P1050607

最近見なくなったカタツムリもたくさんいました。

P1050609

双頭のタンポポ、これはやはり
あれの影響でしょうか。

P1050621

無理言って、
「秘境」にも連れてきてもらいました。

P1050903


タガメは撃沈でしたが、
シマゲン、かわいいです。
ここは単独では絶対無理です。
突撃隊、参加させて下さい!

付記:
余裕があったら行けるかなと思ったけど、
やはり立ち寄る余裕はありませんでした!
・出の山淡水魚水族館
・すみえファミリー水族館
・大淀川学習館
・高千穂淡水魚水族館
・番匠おさかな館

とてもよいとひと言で片付けるには
もったいないほどの貴重な体験でした。
それもこれも同行してくれたこぺんた君のお陰です。
ありがとうございました!

2014年5月24日 (土)

宮崎の汽水&上流

前回と同じ川に行きました。
ヨウジウオの姿は見えず。
カワアナゴは立派な成魚サイズで、
あとはヌマチチブだらけでした…。
汽水のシーズンとしては、少々早いようです。

P1050631


P1050646


これはこぺんた君採取のヒメヌマエビ。
たいそう綺麗です。

P1050644

その川を遡って2回戦。
ヤマトヌマエビが
スジエビのように入りました。
すごい。これはすごいです。
宮崎の底力を実感しました。

P1050665


ボウズハゼもいますよとの声に
網をふるってみたところ、
入ったのはオオヨシでした。
これはこれで立派です。

P1050681


P1050675

休耕田周りも紹介してくれました。

P1050647


P1050651


P1050656


2014年5月23日 (金)

家田湿原

こちらはイメージ通りの湿原でした。
豊かな水量に驚くべき透明度。
そして色取り取りの水草。
一幅の絵のような光景でした。
見上げればすぐ上を高速道路が通ってますが、
これほどの環境が維持されているのは
素晴らしいです。

P1050826


P1050861


P1050852


ただ、湿原内に
重機が入っていて、なにやら
埋め立てた上に掘り返していました。
トラックに工事名が記載されてましたが、
湿地再生掘削工事?
工事後が気になるところです。

P1050894


P1050896


Dsc09410


Dsc09403


2014年5月22日 (木)

川南湿原

湿原にも行きました。
私にとっての湿原のイメージは
佐賀の樫原湿原で高冷地ですが、
ここは平地で、しかも住宅地のど真ん中でした。

P1050762


管理人さんに
貴重な植物を案内してもらいました。
あまりに貴重な新種は盗掘があったため、
たとえ誰であっても案内してないとのこと。
防衛にも力を入れているそうです。

Dsc09360


P1050727


Dsc09383


Dsc09377


2014年5月21日 (水)

オオヨドシマドジョウ

2011年にセンセーショナルに登場した
このドジョウに会えました。
どこに頭を下げて良いか分からないほど、
いろんなかたがたのお陰です。
最初に網に入った一匹を見て、
おぉ、ほんとにこの色なんだと感動しました。
オンガスジシマやハカタスジシマ、
ヤマトシマは程度の差はあれクリーム色の系統ですが、
こちらはプラウンと言って良いほどの褐色です。
砂床の影響でしょうか。
・オス

P1050695_2


P1050698_2


・メス

P1050700


P1050711


耐水のコンデジを持ってきてたので、
水面を見ながら撮ろうとしたところ、
こぺんた君が潜って撮ってくれました。





YouTube: オオヨドシマドジョウ


2014年5月20日 (火)

宮崎遠征

ひとさまの遠征記事にいいなぁと
指をくわえながらも
踏み出せずにいたのですが、
いや、家族旅行にかこつけて行ってみたり、
と、慎ましい努力をしていたのですが、
やはり、それだけではなんというか
物足りないわけです。

おそるおそる
家人に2~3日、遊びに行きたいんだけど
と相談すると、めでたく、運良く?
行って良しとの許可をもらえました。

それから2ヶ月の間、
着々と準備して行ってまいりました。
宮崎へ。

前回の宮崎入りのときは、
事前にこぺんた君に色々相談したのですが、
今回、声を掛けると都合を付けて同行してくれました。
ありがたや、ありがたや。

ブログリンク!(更新順)

Powered by Six Apart