« 底面吹き上げ(準備) | メイン | 底面吹き上げやってみた(過去形) »

2014年12月28日 (日)

底面吹き上げ(接続)

底面フィルタ(ボトルインフィルタ)と
水中ポンプ(マキシジェット)の
接続方法を検討しましょう。

A:塩ビ継手16mm+VP16(塩ビパイプ)+ホース(内径12mm/外径16mm)
 水中ポンプ側はこちらのブログを参照し、
 ボトルインフィルタとの塩ビ継手はTSスイセンソケット16が使えそうです。
 難点としては、VP16は塩ビパイプなので中が見えないこと。

P1070688


B:12mmシリコンパイプ
 ホームセンターでホースを見ていると、
 シリコンパイプは結構伸縮することに気付きました。
 ボトルインフィルタのジョイントは口径が大きいのですが、
 ぐいぐいはめたら行けるんじゃない?というもくろみです。

P1070687


C:K-121
 ボトムインフィルター用の接続パーツです。だんだん太くなるジョイントです。
 ネットには内径は約15mmと18mmとの情報がありました。
 試してみたかったのですが、ホームセンターでは見つからず。


D:既存のパイプを流用
 ボトムインフィルターのパイプでも一応、接続は可能です。
 密閉度はそれなりですが、気にならない方はいいかも。掃除もしやすそうです。

P1070698


水中ポンプはキスゴムを使いますが、
マグチェンジだと外れる心配がなくてよさげです。


ついでに。
ゲンゴロウ水槽に使っている60cm水槽は
上部フィルターの関係で水位が高いので、
日干しをする空間があったらいいなと思ってました。
色々調べてみると、コトブキのトリプルボックスを使えば
下げられそうです。

コメント

動くかわからいですが海水水槽の底面に使ってた無駄に強力なポンプありますw

やはり強烈なポンプは海水に使うんですね。詳しくは明朝アップしますが、急展開ありましたw

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ブログリンク!(更新順)

Powered by Six Apart