« 底面吹き上げ(接続) | メイン | 今年最後の弘の夕市 »

2014年12月29日 (月)

底面吹き上げやってみた(過去形)

前書きが長くなりましたが、
まあやってみたわけです。
1ヶ月前くらいでしょうか。
そして今はもう止めていますw

うちの水槽においての結論をまとめましょう。

接続方法はBにしました。
別途、上部濾過を動かしているので、
ホースが外れたとしても、
それほどダメージはないのではないかという見込みです。
シンプルはよいです。

それと水位を下げるための上部フィルター改造は、
ホースつなぎ(15~18mm用)と
ホース(内径18mm/外径24mm)を使用しました。
ホース留めを使った方が安全ですが、
掃除が手間になりそうなので、
ギューギューに押し込みました。
要・経過観察です。
ストレーナーが底に接触してしまうので、
下げられた水位は5cmほどでした。

P1070681


思うようなことはできましたが、
底面吹き上げを止めた理由としては2つ。

1.同じ構成にしたタナゴ水槽の透明度が維持されない。
 もともと黄変しがちではあったのですが、
 期間が短くなったように思いました。

2.プロホース2がすごい。
 理由としてはこちらが強いです。
 今回底砂は粗めの砂利に変えました。
 ついでに買ったプロホース2を使ってみると、
 ゴミの吸い上げ方がとても良いのです。
 今までの水替えとは甚だ異なるゴミを
 吸い込みまくりです。
 レイアウトを簡単して、これでゴミとりすれば
 良いかもと方向転換を決めました。

プロホース2に関しては、ネット情報に
「コロニーを破壊しないように吸い上げはほどほどに」
とかあったんだけど、生物濾過ってそんなもの?
気になるところです。

というわけで、
底面濾過の水の流れは逆向きにシフトしたのですが、
エアストーンには投げ込み式フィルタ用のものを
流用することにしました。
P2にてあまりに見事に底面フィルタから細かい泡が出てるので、
何使ってるの?と臆面もなく尋ねたら教えてもらった逸品です。
かなりよさそうなので、しばらくはこの構成で運営してみます。

P1070574


P1070599


ライトを明るくするとゲンゴロウの緑が鮮やかになりました。嬉しくてよく眺めてます。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ブログリンク!(更新順)

Powered by Six Apart