« 2015年4月 | メイン | 2015年6月 »

2015年5月の6件の記事

2015年5月29日 (金)

タモ網とうゐらう

タロベエさんには以前、カメラについて、
長々とメールのやりとりさせてもらいました。
その後も、活躍を拝見していましたが、
福岡に来られるとの連絡をもらい、
こちらの都合も合ったので、いざ川へ!

事前にお目当てを聞いたところ、
ドジョウの類については、
魚種もポイントも決め打ちの回答で、
ずいぶん助かりました。
そして、よく知ってるなぁと調査力
&マップを読み解く力に感嘆しました。

私はタナゴ方面をと思って準備してたのですが、
あまり自信はありませんでした。
私が目にするのは盛夏の「湧いてる」時期で、
この時期ではあまり実績がないからです。
下見でも芳しくありません。(←伏線)

昼過ぎに空港で合流したあとは、
ひたすら川を目指します。
いくら日が延びたとはいえ、
半日しかないからです。

まずはオンガスジシマ。
婚姻時期はこんなに真一文字につながるんだ。

イシドジョウ。
釣り人が入っていたので、
そこを避けるとあっさり入りました。
なんと、こんなところにもいるんだ。
先日もそうでした。
タモ網と釣り竿の相性はよくありませんが、
何が幸いするかわからないものです。

タナゴ方面。
うーん、やはり厳しいです。
ヤリはいました。が、後が続きません。
加えて田んぼが始まっていて
増水&濁りまくりです。
バラもカゼもそれらしい稚魚のみでした。
コンスタントに釣果を出し、
しかも綺麗な写真で飾る
タナゴブログ系の方々には敵いません。
申し訳ない。嗚呼。

ヤマトシマ。
既に日は沈んでしまい黄昏です。
なんとか手にすることができました。
私は前夜からの疲労がたたって、ここで解散。
タロベエさんは夜の部も行かれたようです。

道中では、色々日淡話ができました。
撮影光景も勉強させてもらいましたが、
やはり現場での話ってのは説得力が違います。
無理言ってタロベエさんのRX100に
私のSDカードを突っ込んでもらって
写真を撮ってもらいましたが、
どれもアクリル面にピント合ってました。
なんてシビアなんだ!

同好の人との会話は楽しかったです。
またお会いする機会を楽しみにしてます。

2015年5月27日 (水)

ムツゴロウとトビハゼ

ヤマノカミ撮影会の日は、
丁度、kenyuさんが佐賀で撮影してると聞いたので、
kazeさんとの待ち合わせ時間前に、
ムツゴロウの撮影にお邪魔させてもらいました。
ダブルヘッダです。初有明です。

P1090072

テレビで見た干潟の生き物が
目の前にいます。
思わず膝をついて、
コンデジ片手に風景と化する!
ように努力しましたが、
やはりムツゴロウには見抜かれて
ちっとも跳んではくれませんでした。
一方トビーはすごい勢いで、
ぴょんぴょんしてくれます。
なるほどこうして夢中になる間に
あっというまに時間が過ぎるというのが
よく理解できました。

P1090075

kenyuさんは入念な準備と
岩をも穿つような集中力で、
素晴らしい写真(→web)を撮影されてました。
撮影ケース相手とは違った楽しさがありました。
こういうのもいいなぁ。


YouTube: 20150521ムツゴロウ1


YouTube: 20150521ムツゴロウ2


YouTube: 20150521ムツゴロウ3

2015年5月22日 (金)

ヤマノカミ撮影会

先日の揃い踏みの時に、
昼食を食べながらkazeさんが言いました。

「5月のカミサマは是非見て欲しい」
是非見たいです!と連絡を取りました。

今回は動画メインです。
いつものコンデジ(LX7)を
沈めるためにDiCAPacを試すことにしました。
ついでに見やすいように
ちょこちょこ小細工をして準備していたのですが、
今回は使えなかったのでボツ。
表面積は小さい方が良さそうです←覚え書き。

というわけで動画をどぞ。


YouTube: 20150521ヤマノカミ1

直接見るなら →こちらへ。
※画質を調整すると高画質で見れます。


最初の1匹目はとにかく白さが際立ちました。
ひと目であっカミ様だと確信が持てました。
あっさり目的を達したので、
あとはお気楽モードです。
カジカ小卵型をkazeさんに教えてもらおうとすると、
足下を指差して、そこに大きめのカミ様いるよ。


YouTube: 20150521165521ヤマノカミ2

直接見るなら →こちらへ。
これは立派です。
近づいても逃げないので寄りました。
似て非なるカジカも並んで良いです。

堰(といっても遡上可能程度)の落ち込み
近くだったのですが、ハゼがたくさんいました。


YouTube: 20150521170717いろいろ

直接見るなら →こちらへ。

水がきれいで、コンデジを沈めるために深く腕を浸しても、
気にならなくて快適なほどでした。
動画の課題はたくさん残りましたが、
・もっとゆっくり撮影したほうがよい。
・オートフォーカス頼みにしてもアングルつらい。
初動画をカミ様で飾れてよかったです。

kazeさんには運転までして頂きました。
次はアレ狙いましょう!ありがとうございました。

P1090089

2015年5月 9日 (土)

開拓精神

本日は子守を仰せつかっていたのですが、
昨日、めでたく免除されました。
せっかくなので遠征しよかと
駄目もとで明日どう?と
若人先生に声掛けると都合があったので、
お出かけすることにしました。
目的地は秘境です。

朝起きると結構な雨です。
昨夜の予報じゃそんなことなかったのに…。
webで確認すると目的地方面も
一日降る勢いです。
少々ブルーになりながらも向かいました。
道中ずーっと降ってます。

菅笠とカッパでタモ網を振るいます。
確認できるのは、
ガムシとクロゲン、ミズカマキリが大半です。
そうです。昨年の5月に初めてこの地に
連れてきてもらったときもこんなメンツでした。
そこから先がなかなか伸びません。
しっかりとした雨になってきました。
青年はずぶぬれになりながらも
腰までつかりながら黙々とです。

運良く私にタガメが入りました。
初めてです。
あり得ないくらい大きな茶色の物体がゴロっと
網の中で暴れました。すごいすごい。

押さえるべき写真がありませんが、
今回ノーフォトです。
雨でそんな余裕はありませんでした。
すっかり体も冷えてしまったので、
1部完とすることにしました。

お昼で少々復活したあとは、
新規開拓を目指すことにしました。
あちこち周りながらも、
なかなかピンと来ません。
昨夏、この近くで下の子とキャンプしたときに、
畑仕事してる人に、この辺りでタガメいませんか?
と聞いたことを思い出しました。
あっさりこの道を行ったらいるよと
教えてもらったのですが、
そのときは見つけることはできなかったのです。
そんな話をしながら進んでいくと、
青年が「あの辺りに池がありますよ」と言いました。
私はへーと言いながら、通り過ぎたのですが、
違う違うと思い至り、バックして車を停めました。
秘境と条件が異なったので、
無意識にスルーしてたのです。

めいめいうろうろしたのですが、
車に戻ろうとすると、
青年がぴょんぴょん飛び跳ねてアピール
する姿を見て、駆け寄りました。
「タガメとゲンゴロウいましたよ」
うぉすげー。いるんだ。
私も確認することができました。

青年の開拓精神に深く感服しました。
新たな場所で獲物を手にする。
その喜びはさぞかし深いことでしょう。
かくありたいものです。

帰る頃になってようやく晴れ間がのぞく
さんざんな天気でしたが、
最後に大逆転のよい遠征となりました。

2015年5月 4日 (月)

マテ@簑島

お出かけもすっかり
子どもらのスケジュール次第と
なってしまいました。
勢いイベントごとは厳選されてしまうわけです。

そんな外せないイベント「マテ貝掘り」
に行ってきました。

本日の干潮は15時半で、
前回は3時間前に行ったら
駐車も余裕だったので、
13時頃に行って磯遊びでもしてれば、
よいかと思ってたら、
驚愕の充ち満ちた車の列。
パじゃないす。

麦わらのおばちゃんに誘導されるまま、
農道とおぼしき道を辿り、
ようやく停めることが出来ました。

P1080873

初めの1時間は磯遊び。
ナベカやシャコなどに遊んでもらいました。

P1080898

P1080905

P1080896

マテ用の塩2kgとシャベルを駆使して、
満足する量を頂きました。

P1080909

これはいにしえのタイラギでしょうか。

P1080914

にしても多かった。

P1080915

2015年5月 1日 (金)

渓流シリーズ

下見シリーズ第2弾です。
ここ数ヶ月のミッションから ようやく開放されたので、
今のうちにと行ってきました。

イシドジョウです。

P1080850


うーん、ちょっと厳しめでした。
前回もこんな感じだったっけな。
ポイント開拓も試みましたがならず。

P1030421


トンボの人ポイントへ。
ここでのイシドは更に難易度上がるのですが、
やはり確認できず。アカザは一匹のみでした。

P1080852この辺りで私の限界となり、
終盤は疲労困憊でスフスフでした。

新緑も鮮やかなよいシーズンとなりましたよ。

P1080857

ブログリンク!(更新順)

Powered by Six Apart