« ムツゴロウとトビハゼ | メイン | 九レプ→はかたむし »

2015年5月29日 (金)

タモ網とうゐらう

タロベエさんには以前、カメラについて、
長々とメールのやりとりさせてもらいました。
その後も、活躍を拝見していましたが、
福岡に来られるとの連絡をもらい、
こちらの都合も合ったので、いざ川へ!

事前にお目当てを聞いたところ、
ドジョウの類については、
魚種もポイントも決め打ちの回答で、
ずいぶん助かりました。
そして、よく知ってるなぁと調査力
&マップを読み解く力に感嘆しました。

私はタナゴ方面をと思って準備してたのですが、
あまり自信はありませんでした。
私が目にするのは盛夏の「湧いてる」時期で、
この時期ではあまり実績がないからです。
下見でも芳しくありません。(←伏線)

昼過ぎに空港で合流したあとは、
ひたすら川を目指します。
いくら日が延びたとはいえ、
半日しかないからです。

まずはオンガスジシマ。
婚姻時期はこんなに真一文字につながるんだ。

イシドジョウ。
釣り人が入っていたので、
そこを避けるとあっさり入りました。
なんと、こんなところにもいるんだ。
先日もそうでした。
タモ網と釣り竿の相性はよくありませんが、
何が幸いするかわからないものです。

タナゴ方面。
うーん、やはり厳しいです。
ヤリはいました。が、後が続きません。
加えて田んぼが始まっていて
増水&濁りまくりです。
バラもカゼもそれらしい稚魚のみでした。
コンスタントに釣果を出し、
しかも綺麗な写真で飾る
タナゴブログ系の方々には敵いません。
申し訳ない。嗚呼。

ヤマトシマ。
既に日は沈んでしまい黄昏です。
なんとか手にすることができました。
私は前夜からの疲労がたたって、ここで解散。
タロベエさんは夜の部も行かれたようです。

道中では、色々日淡話ができました。
撮影光景も勉強させてもらいましたが、
やはり現場での話ってのは説得力が違います。
無理言ってタロベエさんのRX100に
私のSDカードを突っ込んでもらって
写真を撮ってもらいましたが、
どれもアクリル面にピント合ってました。
なんてシビアなんだ!

同好の人との会話は楽しかったです。
またお会いする機会を楽しみにしてます。

コメント

こんばんは。
下見、当日と大変お世話になりました。
全工程が非常にスムーズに行ったのはやはりモックさんのお陰と痛感しております。

タナゴは時期的な事で残念でしたね、水量もいつもより多そうな感じで厳しいなと思いました。
でも、バラタナゴもカゼトゲも見れたから大満足ですw

未熟者で失礼な所が多々ありましたが、またお会いしたい方と自分はそう思うので、またお相手してやって下さい。

婚姻色バリバリのタナゴ、是非お見せしたかったです。
私も色々勉強させて頂きました。
またお会いしましょう。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ブログリンク!(更新順)

Powered by Six Apart