« 2015年5月 | メイン | 2015年7月 »

2015年6月の3件の記事

2015年6月18日 (木)

タガメはじめ

今年はいろいろチャレンジしよかと
春先からヘゴ杭のあく抜きをしてました。
このときにめでたくペアを確保したので、
ゲンゴロウとどっちが先かなとおもっているうちに、
タガメの産卵を確認しました。

5/17:産卵
5/26:孵化=1令
6/01:2令
6/8~10:3令
6/15~18:4令
6/25(予定)~:5令
7/10(予定)~:成虫

■産卵:
ヘゴ杭は水を吸い上げるので
オスが卵塊を守るのを放棄しても
水分を維持しやすいと書物で知り、
ホームセンターや園芸店で入手しました。あく抜き必須。
産卵のためには杭は水面から15cm突き出すそうですが、
水槽の水位の兼ね合い(上部濾過)で10cm程度しか空間が空けられず、
どうしよと思っているうちに産卵を確認。上縁ギリギリでした。
ガラス蓋では、多湿でカビが生えやすいとあったので、
金網+鉢底ネットでフタを作って差し替えました。
オスは10日間もの間、頑張って卵を守ってました。
1度、水面に戻って捕食体勢になっていたのでイカの切り身をエサとして補給。
もう1度、水面に戻っていたので、放棄したのかと思い、
焦って調べると、震動を与えると卵を守りに戻るとのこと。
水槽を叩くと大急ぎで戻る姿に、
崇高な本能というか昆虫の意志を確かに見ました。

P1090101

■孵化:

水槽はタガメ単独飼育ではないため、10日が近づいた頃に
杭廻りをカゴで覆いました。幼虫の保護と脱走防止のため。
わらわらと生まれた子どもは、タイコウチやゲンゴロウの小型種に
数匹捕食されたりという弱肉強食がありましたが、
概ねサルベージして集団飼育へ。

■幼虫の集団飼育:
養育セットは、衣装ケース+100均カゴ+新聞紙フン受け+よしず+ぶくぶく。
衣装ケースは幅70cmで底の浅いもの。
新聞紙のフン受けは汚れが少なく/ニオイも軽減されます。
よしずもハエ除けであったほうが良いです。
水換えは可能な限り朝晩ペースで行いました。
カゴは2個用意して交互に移し替えてメラミンスポンジでフンを落としました。
はじめのエサはメダカやカワムツのメダカサイズ稚魚。
川は採取したものは農薬抜きのため一週間程度養生したあとに投入。
そのうちに間に合わなくなって、メダカや小赤の購入も。
3令からは冷凍ロールイカの切り身をメインにしました。
数が多かったので、5頭、10頭と信頼できる方に里子にもらってもらいました。

P1090118

■幼虫の個別飼育:

ものの本では3令で個別とありましたが、
4令でぐっと大きくなったので個別へ。
100均カゴはセリアで調達。鉢底ネットで区切りました。
側面にも穴があったほうが、
つかまりやすい+水面の通気の面で良いようです。
エサを奪う力もだいぶ強くなってきました。
このままトラブルなければ順調にいけそうです。

P1090253

P1090254

↑新聞紙のフン受け。ぶくぶくはカメ用の浅いもの(ロカボーイ ミニ)を使用。

P1090256

↑ハエ除けのよしず

うみーさんのこここことかが非常に参考なりました。
ありがとうございました。

参考書籍@図書館
・水生昆虫完全飼育・繁殖マニュアル
・水辺の虫の飼いかた―ゲンゴロウ・タガメ・ヤゴほか (虫の飼いかた・観察のしかた)

2015年6月12日 (金)

タナゴチャレンジ

先日のタロベエさんガイドでは
タナゴ方面で惨敗したので、
リベンジを試みることにしました。

11時半に現地着。
天気こそ日焼け必至の快晴ですが、
前日までの雨で水位が上がっています。
かなり丁寧にまわりました。
急な流れの中にも、
よどみには稚魚の姿が見えます。
浮上したての稚魚のようです。
そして、満を持して(当社比)手にしたのは
今回もヤリのみでした。
おかしいなぁ。
このポイントで婚姻色バリバリ写真見たのに。
うーん、このあたりが釣りという手段を
持たぬ者の限界のようです。

4時を前に(竿はないけど)納竿。
おいちゃんとこに寄ることにしました。
おいちゃんは私の初めての日淡友達
そして、いやそれなのに超久々です。

近況やら惨敗やら話していると、
9月にならんとタナゴは湧かないよと
アドバイスもらいました。
私も盛夏の印象あります。
そして、ポイントまで教えてもらいました。
嗚呼。

仲間がたくさん増えたみたいだねと
言ってもらいました。
お陰様で、恵まれた境遇に改めて感謝してます。

2015年6月 8日 (月)

九レプ→はかたむし

天神に出たついでに
西新まで足を伸ばすことにしました。
爬虫類の祭典、九州レプタイルフェスタです。
これ以上口のついたもんはうちにいれたらいかんと
山の神の御達しもあることあり、
純然たる冷やかしです。

P1090138

気乗りしない下の子に付き合ってもらいましたが、
会場に入ると、よい食いつきぶりでした。
極彩色のヘビ、まるで置物のように動かないカメレオン、
毛むくじゃらの蜘蛛に釘付けになっています。
カメ危険です。かわいい欲しい光線出てます。
特に最奥のむし屋がえげつなくよかったです。

行ったら青年先生に会えるだろと
簡単に考えてましたが、
すごい人出でそんな余裕はありませんでした。
ひとまわりしてお腹いっぱいになったので退出。

17~8年前、西新パレスには太平洋こども会議の
ボランティア事務局があり、通った時期がありましたが、
こんなきっかけで行くことになるとは思いませんでした。
面白いものです。

P1090135

夜は、はかたむし(博多昆虫同好会)の例会へ。

最近、タガメが始まってしまい、てんてこ舞いなので、
信頼できる方にいくぶんか里子にもらってもらいました。
ブログにかけるほどのノウハウはありません!
今のところ(2~3令)、落ちる個体がないのは、
頻繁な水替えのお陰かなと思っているので、
しばらくがんばることにしましょう。

ブログリンク!(更新順)

Powered by Six Apart