« 2016年6月 | メイン

2016年8月の3件の記事

2016年8月 6日 (土)

トビイロゲンゴロウ繁殖

昨年10月に最初で最後?のやんばる行ったときに、
トビイロゲンゴロウのペアを確保することができました。

このときは
オキマルとガサガサの両構えという贅沢なチャレンジで、
しかし当然のようにオキマルには会えず、
しかもその後、あっという間にオキナワマルバネは規制となり、
もうすこし本腰入れていればと思ったとか思わなかったとか。

トビイロは、
年間を通じて屋内飼いでよいとアドバイスを頂いたので、
冬期に外飼いはしてません。
繁殖トリガーがいまいち分からないまま、
あまり期待はしていないかった分、
1令を見つけたときはうれしかったです。
ゲンゴロウより遥かにはかなげな姿でした。

幼虫の飼育方法はゲンゴロウと全く同じです。
ただ、1令が小さくてコオロギ7mmサイズでも
捕食しきれずにアカムシ期間が長めでした。
3匹しか幼虫が生まれず、焦りましたが、
加えて、物音や振動に、やたら過敏に
カップを暴れ回る個体がおり、
一度は飛び出し事故もありましたが、
なんとか成虫までこぎ着けました。

飛び出し事故のときは、
床下で動かなくなっていたのを
祈るような気持ちでカップに戻しました。
触覚や足先がヒクヒク動くのみでしたが、
水に戻すとしばらくたつと復活してて、
ほっと安堵しました。

ゲンゴロウとは別水槽で飼育しています。
ほそぼそと繋げていく予定です。

トビNo、1令、2令、3令、強制上陸、羽化
トビ#1:6/8 6/14 6/25 7/6 7/30
トビ#2:6/8 6/15 6/26 7/7 7/30
トビ#3:6/9 6/16 6/25 7/6 7/30

6/09 1令

P6090364



6/14 2令

P6140419



P6140381


トビイロ2令左とゲンゴロウ3令右

Dsc_1749


養生テープで個別管理の図

6/27 3令

P6270021



P6270022



7/31 成虫

P7310036



P7310041



P7310048



ゲンゴロウ繁殖(3令~)

■3令 3令になった期間は5/29~6/4
最初の1匹が脱皮すると、その後数日かけて他の幼虫も脱皮する感じ。
5/29~6/4にかけて3令になりました。
最後のスパートということで、Lサイズのコオロギを与えたりしましたが、
果敢にかみつき、闘争本能そのままにふりまわしたりしていました。
飛び出し防止で穴あきのフタも用意したが最後まで飛び出し事故は発生せず。
(この後のトビイロでは飛び出し事故が発生したのでたまたま?)

P1030652



P5310113


3令に入って5~7日の間に
うちを空ける用があったので万一に備え、
上陸セットを準備しましたが上陸せず。
※上陸セット:大きめ水槽にカップを置き、縁の位置まで
湿らせたピートモスを敷き詰める。上陸用に園芸ネットを入れる。

P1030655



P6090370



P6090379


■強制上陸 6/13~6/16
上陸の目安は3令10~13日ですが、実際は給餌で判断しました。
コオロギをピンセットで目の前に持って行き、
追いかけるそぶりを見せたら、まだNG。
目の前に持って行っても、幼虫の顔に押しつけても無反応になったら、
半日くらい待って、強制上陸させました。
数時間後には土中に潜っていました。

4~5時間経っても潜らなかった場合は、
時期尚早に付き、も一度カップに戻してやり直します。

蛹化用容器は、100均の容器にピートモスを湿らせたもの。
湿らせる程度はぎゅっと握ってしみ出るくらいで、クワガタよりも多めです。
浸水セット用に底に砂利を入れました。

浸水セット:羽化時に家を空けることを想定して、
水を張った水槽に適度にブロック等で底上げした上に
蛹化用容器を置き、羽化したときに、浸水できるようにしたもの。
安定のために底に砂利を敷いたが、
羽化後の後片付け時に甚だ邪魔だったので次回はやめる。

蛹化用容器は乾燥防止のためフタをしておきます。
空気穴は、わずかなフタの隙間でOK。
エアコンのない部屋であったため、
気休め程度で終日、扇風機で通気しました。

P6160006



P6160004



P6140385


■羽化 7/7~7/10
7/7にケース上部で動き回っている成虫を発見。
約25日かかりました。以降、次々と羽化。
空いていた60cm水槽に水草とヘゴ杭をセットし浸水させました。
飛んで逃げるので、網蓋必須。
様子を見ながらニボシを与えています。

P7010027



P7090016



P7080003



P7080011


■まとめとか
ホームセンターの水草は入手には便利だけど、
アオウキクサが付いてたり、コバエが涌いたりと、
あまりコンディションがよくなかったので、
産卵が一段落付いた6月上旬でホテイアオイは撤去しました。
水草はどうしても消耗品になるけど、
確保しておく余裕もないので、これは来期の課題になります。

冷凍コオロギはサイバークリケットさんのお世話になりました。
・冷凍フタホシコオロギS-7mmをHalfサイズ
・冷凍フタホシコオロギS-9mmをHalfサイズ
・冷凍フタホシコオロギM(羽なし)を100g
・冷凍フタホシコオロギL(羽あり)をHalfサイズ
以上を発注。のべ20匹弱の幼虫を世話しましたが、だいぶ残りました。
webによると家庭の冷凍だとコンディションが落ちるので長期保存は難しいとのこと。

気をつけたのは、冬期の屋外飼育と、
1令始めはアカムシでつないで、早めのコオロギ移行。
あとはひたらすコオロギでサイズ的にも行けると思います。

(汲み置いた)水替えとエサやりを
朝晩行うのはそれなりに大変でしたが、
繁殖の難易度としては比較的低いほうだと思います。
ハンターの生命力はさすがで、それなりに丈夫です。
成虫になるまで落ちる個体はありませんでした。

ゲンゴロウの屋内飼いは、
日干し時の特有の甘ったるい匂いをどこまで許容
(もしくは消臭剤などで解決)できるかという
懸案はありますが、タナゴやドジョウ類と同居が可能で、
水槽が一気に楽しくなります。
末永いwithゲンゴロウライフの一助になれば幸いです。

※参考にしました。
図説 日本のゲンゴロウ 文一総合出版; 改訂版 (2002/02)
水生昆虫完全飼育・繁殖マニュアル 普及版 データハウス; 普及版 (2003/04)

※非常に参考になりました。ありがとうございます。
ゲンゴロウの里さま
sendai ENPARUさま

ゲンゴロウ繁殖(~2令まで)

■2014年9月
秘境に地にて、
初めて野生のゲンゴロウを手にする機会に恵まれました(blog)。
この魅力的な種の繁殖にチャレンジすることにしました。

■2015年春
5月、成虫ペア追加(blog)。

春から産卵用水草のローテーションをしましたが、
結局幼虫は確認できず。
2015年はタガメの繁殖(その1その2)に終始しました。

ゲンゴロウで繁殖できなかった理由を
書籍で調べると冬場に外飼いが必要とあったので、
2015年の冬はベランダに60cm水槽を置き飼育しました。
水槽環境としては、
・フタはバーベキュー網を水槽サイズに加工したもの。
・投げ込み式フィルター×2、底砂なし。
・隠れ場所となる円筒をいくつか。
 流木はゲンゴロウが詰まって死ぬ惨事があったので置かない。
・水替えは適宜。カルキ抜きはしない。
・タナゴやスジシマを同居。
・タガメで使ったヘゴ杭を日干し用に立てかけた。
近くでマンションや商業施設の建築があったので、
外壁塗装の工事時には、水槽にふたをしたり、
水替えを頻繁に行うなど、気を遣いました。

■2016年4月
水草はホテイアオイをホームセンターで入手しました。
2株×2セット(ローテーション用)×2種(ゲンゴロウとトビイロ)=8株。
産卵の目安は水温が25℃以上で、日照時間が13時間以上、
孵化まで14日間位なので、水草は2週間ごとの交換制に。
照明時間の確保のために、プログラムタイマーを使いました。
4/13(水)水草投入、4/27(水)交換、5/17(水)交換、5/29(月)交換。6/12(月)まで。

■1令 生まれた期間は5/7~14
5/7日に1令幼虫を発見しました。
一見、ホテイアオイの根の切れ端のように見えましたが、
水草をゆすると能動的に泳ぐ動作を認めて、ゲンゴロウの幼虫と確認。
小さめカップに移しました。足場はマツモだと心もとない感じがしたのと
マツモはバラバラになりやすいのでオオカナダモにしました。
アカムシ(こだわりあかむし)と生きコオロギ(一番小さいサイズ)を調達。
給餌は太めのアカムシ数本とコオロギ1匹をそのまま投入。
コオロギの水面をゆらす動作に触発されて気がつけば捕食していました。
スムーズにコオロギに移行したので、冷凍コオロギを注文しました。
ゲンゴロウはだらだら産卵なので、最後の1令は5/14。
タガメのように一斉ではありません。
プリンカップを500mlのカップ(2個セット100円)に交換。
幼虫のサイズに応じて水嵩の量を増やしていきましたが、
上陸するまでこのサイズを使いました。

Dsc_13911令生まれたばかり



P1030638_22令間近の1令



Dsc_1398_2全景。手前がトビイロ水槽、奥がゲンゴロウ。間が孵化待ち水草バケツ。


■2令 2令になった期間は5/18~25。

水替えは、朝と夜に汲み置いた水で入れ替え。
給餌も同じタイミングで朝晩行いました。
食べるスピード(=くわえていたコオロギを放すタイミングと解釈)が
上がるにつれて、大きめのエサに変更しました。
(あまり大きすぎるとエサと認識せずに、
かみつかないのでそのときは元のサイズに戻しました)

冷凍コオロギの与え方
当初は、手芸用ニードルで突き刺したコオロギを
幼虫に生きているように振って見せて、捕食させていましたが、
解凍後のコオロギを水面に浮かべているだけで捕食することを確認。

P1030646


記録については、あまり考えてなくて、
時折写真を撮る程度にしていましたが、
上陸に備えて個体把握が必要とようやく悟り、
養生テープにマジックで脱皮の日を書くようにしました。
カップは入れ替わるので、カップではなく机に貼り、
水替え後に同じ場所に置いて把握するようにしました。

P1030633


ブログリンク!(更新順)

Powered by Six Apart