« ゲンゴロウ繁殖(3令~) | メイン

2016年8月 6日 (土)

トビイロゲンゴロウ繁殖

昨年10月に最初で最後?のやんばる行ったときに、
トビイロゲンゴロウのペアを確保することができました。

このときは
オキマルとガサガサの両構えという贅沢なチャレンジで、
しかし当然のようにオキマルには会えず、
しかもその後、あっという間にオキナワマルバネは規制となり、
もうすこし本腰入れていればと思ったとか思わなかったとか。

トビイロは、
年間を通じて屋内飼いでよいとアドバイスを頂いたので、
冬期に外飼いはしてません。
繁殖トリガーがいまいち分からないまま、
あまり期待はしていないかった分、
1令を見つけたときはうれしかったです。
ゲンゴロウより遥かにはかなげな姿でした。

幼虫の飼育方法はゲンゴロウと全く同じです。
ただ、1令が小さくてコオロギ7mmサイズでも
捕食しきれずにアカムシ期間が長めでした。
3匹しか幼虫が生まれず、焦りましたが、
加えて、物音や振動に、やたら過敏に
カップを暴れ回る個体がおり、
一度は飛び出し事故もありましたが、
なんとか成虫までこぎ着けました。

飛び出し事故のときは、
床下で動かなくなっていたのを
祈るような気持ちでカップに戻しました。
触覚や足先がヒクヒク動くのみでしたが、
水に戻すとしばらくたつと復活してて、
ほっと安堵しました。

ゲンゴロウとは別水槽で飼育しています。
ほそぼそと繋げていく予定です。

トビNo、1令、2令、3令、強制上陸、羽化
トビ#1:6/8 6/14 6/25 7/6 7/30
トビ#2:6/8 6/15 6/26 7/7 7/30
トビ#3:6/9 6/16 6/25 7/6 7/30

6/09 1令

P6090364



6/14 2令

P6140419



P6140381


トビイロ2令左とゲンゴロウ3令右

Dsc_1749


養生テープで個別管理の図

6/27 3令

P6270021



P6270022



7/31 成虫

P7310036



P7310041



P7310048



コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ブログリンク!(更新順)

Powered by Six Apart