カテゴリ「日淡好きの迷い事」の142件の記事 Feed

2016年8月 6日 (土)

トビイロゲンゴロウ繁殖

昨年10月に最初で最後?のやんばる行ったときに、
トビイロゲンゴロウのペアを確保することができました。

このときは
オキマルとガサガサの両構えという贅沢なチャレンジで、
しかし当然のようにオキマルには会えず、
しかもその後、あっという間にオキナワマルバネは規制となり、
もうすこし本腰入れていればと思ったとか思わなかったとか。

トビイロは、
年間を通じて屋内飼いでよいとアドバイスを頂いたので、
冬期に外飼いはしてません。
繁殖トリガーがいまいち分からないまま、
あまり期待はしていないかった分、
1令を見つけたときはうれしかったです。
ゲンゴロウより遥かにはかなげな姿でした。

幼虫の飼育方法はゲンゴロウと全く同じです。
ただ、1令が小さくてコオロギ7mmサイズでも
捕食しきれずにアカムシ期間が長めでした。
3匹しか幼虫が生まれず、焦りましたが、
加えて、物音や振動に、やたら過敏に
カップを暴れ回る個体がおり、
一度は飛び出し事故もありましたが、
なんとか成虫までこぎ着けました。

飛び出し事故のときは、
床下で動かなくなっていたのを
祈るような気持ちでカップに戻しました。
触覚や足先がヒクヒク動くのみでしたが、
水に戻すとしばらくたつと復活してて、
ほっと安堵しました。

ゲンゴロウとは別水槽で飼育しています。
ほそぼそと繋げていく予定です。

トビNo、1令、2令、3令、強制上陸、羽化
トビ#1:6/8 6/14 6/25 7/6 7/30
トビ#2:6/8 6/15 6/26 7/7 7/30
トビ#3:6/9 6/16 6/25 7/6 7/30

6/09 1令

P6090364



6/14 2令

P6140419



P6140381


トビイロ2令左とゲンゴロウ3令右

Dsc_1749


養生テープで個別管理の図

6/27 3令

P6270021



P6270022



7/31 成虫

P7310036



P7310041



P7310048



ゲンゴロウ繁殖(3令~)

■3令 3令になった期間は5/29~6/4
最初の1匹が脱皮すると、その後数日かけて他の幼虫も脱皮する感じ。
5/29~6/4にかけて3令になりました。
最後のスパートということで、Lサイズのコオロギを与えたりしましたが、
果敢にかみつき、闘争本能そのままにふりまわしたりしていました。
飛び出し防止で穴あきのフタも用意したが最後まで飛び出し事故は発生せず。
(この後のトビイロでは飛び出し事故が発生したのでたまたま?)

P1030652



P5310113


3令に入って5~7日の間に
うちを空ける用があったので万一に備え、
上陸セットを準備しましたが上陸せず。
※上陸セット:大きめ水槽にカップを置き、縁の位置まで
湿らせたピートモスを敷き詰める。上陸用に園芸ネットを入れる。

P1030655



P6090370



P6090379


■強制上陸 6/13~6/16
上陸の目安は3令10~13日ですが、実際は給餌で判断しました。
コオロギをピンセットで目の前に持って行き、
追いかけるそぶりを見せたら、まだNG。
目の前に持って行っても、幼虫の顔に押しつけても無反応になったら、
半日くらい待って、強制上陸させました。
数時間後には土中に潜っていました。

4~5時間経っても潜らなかった場合は、
時期尚早に付き、も一度カップに戻してやり直します。

蛹化用容器は、100均の容器にピートモスを湿らせたもの。
湿らせる程度はぎゅっと握ってしみ出るくらいで、クワガタよりも多めです。
浸水セット用に底に砂利を入れました。

浸水セット:羽化時に家を空けることを想定して、
水を張った水槽に適度にブロック等で底上げした上に
蛹化用容器を置き、羽化したときに、浸水できるようにしたもの。
安定のために底に砂利を敷いたが、
羽化後の後片付け時に甚だ邪魔だったので次回はやめる。

蛹化用容器は乾燥防止のためフタをしておきます。
空気穴は、わずかなフタの隙間でOK。
エアコンのない部屋であったため、
気休め程度で終日、扇風機で通気しました。

P6160006



P6160004



P6140385


■羽化 7/7~7/10
7/7にケース上部で動き回っている成虫を発見。
約25日かかりました。以降、次々と羽化。
空いていた60cm水槽に水草とヘゴ杭をセットし浸水させました。
飛んで逃げるので、網蓋必須。
様子を見ながらニボシを与えています。

P7010027



P7090016



P7080003



P7080011


■まとめとか
ホームセンターの水草は入手には便利だけど、
アオウキクサが付いてたり、コバエが涌いたりと、
あまりコンディションがよくなかったので、
産卵が一段落付いた6月上旬でホテイアオイは撤去しました。
水草はどうしても消耗品になるけど、
確保しておく余裕もないので、これは来期の課題になります。

冷凍コオロギはサイバークリケットさんのお世話になりました。
・冷凍フタホシコオロギS-7mmをHalfサイズ
・冷凍フタホシコオロギS-9mmをHalfサイズ
・冷凍フタホシコオロギM(羽なし)を100g
・冷凍フタホシコオロギL(羽あり)をHalfサイズ
以上を発注。のべ20匹弱の幼虫を世話しましたが、だいぶ残りました。
webによると家庭の冷凍だとコンディションが落ちるので長期保存は難しいとのこと。

気をつけたのは、冬期の屋外飼育と、
1令始めはアカムシでつないで、早めのコオロギ移行。
あとはひたらすコオロギでサイズ的にも行けると思います。

(汲み置いた)水替えとエサやりを
朝晩行うのはそれなりに大変でしたが、
繁殖の難易度としては比較的低いほうだと思います。
ハンターの生命力はさすがで、それなりに丈夫です。
成虫になるまで落ちる個体はありませんでした。

ゲンゴロウの屋内飼いは、
日干し時の特有の甘ったるい匂いをどこまで許容
(もしくは消臭剤などで解決)できるかという
懸案はありますが、タナゴやドジョウ類と同居が可能で、
水槽が一気に楽しくなります。
末永いwithゲンゴロウライフの一助になれば幸いです。

※参考にしました。
図説 日本のゲンゴロウ 文一総合出版; 改訂版 (2002/02)
水生昆虫完全飼育・繁殖マニュアル 普及版 データハウス; 普及版 (2003/04)

※非常に参考になりました。ありがとうございます。
ゲンゴロウの里さま
sendai ENPARUさま

ゲンゴロウ繁殖(~2令まで)

■2014年9月
秘境に地にて、
初めて野生のゲンゴロウを手にする機会に恵まれました(blog)。
この魅力的な種の繁殖にチャレンジすることにしました。

■2015年春
5月、成虫ペア追加(blog)。

春から産卵用水草のローテーションをしましたが、
結局幼虫は確認できず。
2015年はタガメの繁殖(その1その2)に終始しました。

ゲンゴロウで繁殖できなかった理由を
書籍で調べると冬場に外飼いが必要とあったので、
2015年の冬はベランダに60cm水槽を置き飼育しました。
水槽環境としては、
・フタはバーベキュー網を水槽サイズに加工したもの。
・投げ込み式フィルター×2、底砂なし。
・隠れ場所となる円筒をいくつか。
 流木はゲンゴロウが詰まって死ぬ惨事があったので置かない。
・水替えは適宜。カルキ抜きはしない。
・タナゴやスジシマを同居。
・タガメで使ったヘゴ杭を日干し用に立てかけた。
近くでマンションや商業施設の建築があったので、
外壁塗装の工事時には、水槽にふたをしたり、
水替えを頻繁に行うなど、気を遣いました。

■2016年4月
水草はホテイアオイをホームセンターで入手しました。
2株×2セット(ローテーション用)×2種(ゲンゴロウとトビイロ)=8株。
産卵の目安は水温が25℃以上で、日照時間が13時間以上、
孵化まで14日間位なので、水草は2週間ごとの交換制に。
照明時間の確保のために、プログラムタイマーを使いました。
4/13(水)水草投入、4/27(水)交換、5/17(水)交換、5/29(月)交換。6/12(月)まで。

■1令 生まれた期間は5/7~14
5/7日に1令幼虫を発見しました。
一見、ホテイアオイの根の切れ端のように見えましたが、
水草をゆすると能動的に泳ぐ動作を認めて、ゲンゴロウの幼虫と確認。
小さめカップに移しました。足場はマツモだと心もとない感じがしたのと
マツモはバラバラになりやすいのでオオカナダモにしました。
アカムシ(こだわりあかむし)と生きコオロギ(一番小さいサイズ)を調達。
給餌は太めのアカムシ数本とコオロギ1匹をそのまま投入。
コオロギの水面をゆらす動作に触発されて気がつけば捕食していました。
スムーズにコオロギに移行したので、冷凍コオロギを注文しました。
ゲンゴロウはだらだら産卵なので、最後の1令は5/14。
タガメのように一斉ではありません。
プリンカップを500mlのカップ(2個セット100円)に交換。
幼虫のサイズに応じて水嵩の量を増やしていきましたが、
上陸するまでこのサイズを使いました。

Dsc_13911令生まれたばかり



P1030638_22令間近の1令



Dsc_1398_2全景。手前がトビイロ水槽、奥がゲンゴロウ。間が孵化待ち水草バケツ。


■2令 2令になった期間は5/18~25。

水替えは、朝と夜に汲み置いた水で入れ替え。
給餌も同じタイミングで朝晩行いました。
食べるスピード(=くわえていたコオロギを放すタイミングと解釈)が
上がるにつれて、大きめのエサに変更しました。
(あまり大きすぎるとエサと認識せずに、
かみつかないのでそのときは元のサイズに戻しました)

冷凍コオロギの与え方
当初は、手芸用ニードルで突き刺したコオロギを
幼虫に生きているように振って見せて、捕食させていましたが、
解凍後のコオロギを水面に浮かべているだけで捕食することを確認。

P1030646


記録については、あまり考えてなくて、
時折写真を撮る程度にしていましたが、
上陸に備えて個体把握が必要とようやく悟り、
養生テープにマジックで脱皮の日を書くようにしました。
カップは入れ替わるので、カップではなく机に貼り、
水替え後に同じ場所に置いて把握するようにしました。

P1030633


2015年10月21日 (水)

沖縄遠征-やんばる5

番外編です。

Dsc_0145

P1090966

Dsc_0176

Y・M・N・M・K・J !

P1090984

Dsc_0281

オオシマゼミ?よくわかりません。

覚え書きとして。

・レンタカーについて

普通の人なら踏み入れない林道に突っ込むわけですから、
ノンオペレーションチャージを
免責されるオプションの加入は必須でした。
付けると、事前のボディの傷チェックもなく、
返却時にもチェックはありませんでした。
1~2千円の負担でしたが、
運転の攻め方に大きく差が出ました。
特に北方の林道は両側に草が迫る箇所が至る所にあって、
軽でさえ、ボディへの抵触は必至でしたから、
付けて良かったです。

・車中泊について
林道流しメインにするなら、
そんなに身体に負担じゃないかもと
車中泊も視野に入れてましたが、
体感温度が盛夏の沖縄はそれだけで消耗しました。
急遽、やんばる前日に宿を取りました。
そのお陰で2日目はタモ網に注力できました。
それでも疲れは残りましたが、
これは日頃の摂生の問題でしょう。

・林道流しについて
期間中は、降っても夕方にお湿り程度で、
雨は降りませんでした。
気温も2、3度低く、活性を疑ったのですが、
同時期に入った方々は爬虫類を含めて、
色々目撃されたようです。
夜間、アクティブに活動しなかったのと
北方を攻めなかったのが
遭遇しなかった理由でしょう。
昼間の下見なしに突入して、新月の真っ暗闇の中、
行き詰まってバックで延々と戻るってのは
考えたくありませんでした。
昼間のロケーションの時間が
取れなかったので仕方なしです。
来年以降の規制についても、
気になるところです。

・ハブについて
この辺りにハブは出ますか?
と何人も聞きました。
見たことないねぇという人から、
いるよ。長靴はいて、棒でばんばんしなさい。竹は持ってるね?
と教えてくれる人までさまざまでした。
本を読んでも、しばったほうがよいとか、
しばらないほうがよいとか様々で、
総合すると、毒の周りはそれほど早くないから、
落ち着いて行動ということになりそうだけど
やはり出血毒ともなると血清は間に合っても
後遺症のリスクを考えると
怖いことには変わりはありません。

旅行前には藪には入るまいと思ってましたが、
いざ、やんばる入りすると、
普通に農作業している人、
生活している人を目にして、
そこまで怖がらなくてもと
思い直しました。
それも結果良ければというやつには
間違い有りませんが、
行動の制限されるソロの割には、
おかげさまで満喫できました。
楽しかったです。やんばる。
お世話になった方々、
ありがとうございました。

Dsc_0237

Dsc_0274

沖縄遠征-やんばる4

やんばる3日目、最終日です。
前日は1日タモ網振り回したので、
夜はお出掛けなしでした。
暗いうちからチェックアウトの荷造りをして
北方を目指します。

チヌフク林道から入って、宜名真→チイバナ→伊江
と来たところで、タイムアップ。ダムに沿って下ります。
対向車が来たら青ざめるほど狭いですが、
生き物の雰囲気はぐっと迫ってきます。
ゆっくりいろいろ回れば、
いろんな発見がありそうで、少々心残りでしたが、
欲張りに詰めすぎなので仕方ありません(笑)
やんばるを堪能したと言うべきでしょう。

Dsc_0261

Dsc_0266

Dsc_0267

Dsc_0269

Dsc_0276

Dsc_0247

2015年10月19日 (月)

沖縄遠征-やんばる1

夕方にやんばる入り。チェックインしてから
バナトラやらライトトラップやらを
場所を吟味して(少数ですが)掛けていきます。
タモ網か林道流し、どちらにしようかと迷いながらも
林道向かってみることにしました。

き、きぶんわるい。
空調が悪い上に、林道効果もあって、
自分の運転に酔うという失態です。
地図の上では、大した距離がないように見えても、
延々と続く林道に
距離感つかめなくて不安が募ります。
一度、宿に戻ることにしました。

大国林道にて。

Dsc_0140 
体勢を立て直した後、夜に再チャレンジ。
下調べした有名コースに行ってみます。
おぉ、さすがにそれっぽい車がうろうろしています。
側溝を照らしながら歩いている人もいました。
所謂「林道流し」は、昼夜を問わず徘徊するヤツが
林道を横切っている時をねらって捕まえるという
運要素が強い採取方法です。
明るい時間が見えやすいのは自明ですが、
カラスなどの強烈なライバルとの争いになります。

道路に落ちているマツボックリや枯葉などに
幻惑されて、何度も二度見を強いられます。
嗚呼、これは大変だ。
日が変わる前に撤退することにしました。

沖縄遠征-那覇編

まずは那覇をうろうろ。

Dsc_0099

お祭りがありました。

Dsc_0107 
国際通りは観光客ばかりでした。
市場周辺は鶴橋を思い出させる雰囲気で
うれしくなります。

Dsc_0115

ジュンクドウ前の水路にて。
こんなところにはいないだろという溝でしたが、
結構でかい。口も大きい。
フナとかではなさそうです。

Dsc_0123 
ネットでチェックしてた、
こちらにお邪魔しました。
オオクワガタを始めクワガタ関係が
充実してました。
菌糸瓶やらハードルが高い印象ありますが、
お手頃値段で、遠征先でなければ
きっと考えてしまうほど。
例のクワガタについて聞きましたが、
ペアで○万円。寿命の短さとブリードの難しさを
教えてもらいました。
そして何より、採取の困難さ。
うーん、折角シーズンだからと思ったけど、
険しい道になりそうです。

Dsc_0121

2015年9月10日 (木)

2015夏むし編

今年のカブクワは平年に比べて
ずいぶん楽でした。

Dsc_0163

カブトはなんとかなりましたが、
クワガタはやはり近郊だと採集圧が高いので、
早々に諦めて遠征したのが
よかったようです。

Dsc_0274

時間がとれなかったので、
夜出発→高地で車中泊→翌朝探索コースでした。
下の子と行ったのですが、
車中泊は暑いわ狭いわと大変でした。
それ用の網戸が欲しくなりました。

Dsc_0411

きらめく甲虫展は
売れ売れの本効果もあって、
夏休みは土日も開いてて行きやすかったです。
1回行ったら、話を聞いた家人も
行きたいと言ったので、2回行きました(笑)

Dsc_0429

Dsc_0417

丸山先生が写真を撮るのが難しいと
ついったで言ってた例の虫は
想像以上の鏡面で、驚くばかりでした。

Dsc_0424

私的には、いつものゲンゴロウに加えて、
海外産の裏が黒いヤツも見られて
よかったです。あれはすごい。

10月に沖縄行くので、
あれやこれやと準備してます。
でもハブこわい…。

2015年9月 2日 (水)

2015夏おでかけ編

今年の夏を駆け足で振り返りますよ。

Dsc_0035島原城は初めてでした。

Dsc_0036

武家屋敷の真ん中には水が引かれています。
生活用水で飲用水も兼ねていたとのこと。
当初は支障なかったほど綺麗だったのでしょうが、
のちに疫病のもととなってしまい、
井戸が掘られたそうです。

Dsc_0047

火砕流こわい。

Dsc_0060

ひさかたぶりのピクニカ。
軍団山本の団長にもご挨拶できました。

Dsc_0111

香椎の金魚屋
山崎ペットが閉店となってました。嗚呼

Dsc_0196

Dsc_0198

ジュンク堂での講演会を聞きに行きました。
もっと魚部にも参加しないと…。

それと、
今年は魚類で樹脂標本するって大見得切りましたが、
結局今年も虫でした。嗚呼。

Dsc_0295

こんなとこにも行きました。
入場料制に変わってました。
すごい人出だし仕方ないか。

次は虫編です。

2015年7月23日 (木)

タガメ成虫

5月から続いたタガメ飼育も
おかげさまで成虫を見ることができました。

5/17:産卵
5/26:孵化=1令
6/01:2令
6/8~10:3令
6/15~18:4令
6/25(予定)~:5令
6/28~7/5:5令
7/10(予定)~:成虫
7/14~20:成虫

予定とはややずれ込んでの育成となりました。
4令、5令はたくさん食べるはずですが、
イカメインでは、そっぽを向かれるときも多く、
慌てておたまやらハヤ(小魚の総称)捕りに
かり出されました。
やはり生き餌のほうが食いつきがよかったです。
十分な供給とは言い難く、
やや小ぶりな成虫となってしまいました。

雌雄がピンと来ないので、
裏側をアップします。

P1090350
P1090354 

P1090359 

P1090370

P1090382
P1090381


P1090393

P1090390

一番大きな個体は5で、これはメスくさい。
あとは全部オスでよいのだろうか。
ずっと見てきた割にはなんともむつかしいです。

タガメ、話には聞いていましたが、
わらわらと数が多くて、大変でした。
まさに見ると聞くとは大違いでした。
気軽に考えていた面もあり、
もうしばらくは繁殖には手を出さず、
ほそぼそと飼っていこうと思います。
里親になって頂いた方に多大な感謝をします。
ありがとうございました。

ブログリンク!(更新順)

Powered by Six Apart